×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英会話学校を確実にものにする!

〜あなたの英語を本当に「役に立つ」英語に変える第一歩〜

最高に「ずれてる」英語学習者って??

今から約6年前、最高に「ずれてる」「偏ってる」英語学習者がいました。

彼は20歳、東京大学の学生でした。

東大合格者数日本一を誇る開成高校の 出身で、在学中は校内模試の英語で1位を取ったほどに英語がよくできる生徒でした。

東大模試でもA判定しか取ったことがなく、当然のように現役で東大に合格しました。

そして2年後、社会に出たときに大きな力をもつ英語資格、TOEICに挑み、990点満点中 950を記録するという、立派な成績を収めました。

TOEICは900もあれば、外資系だろうが なんだろうが、どのような会社の英語の要求をも満たすことができるのですから。

しかし、彼には「すさまじい」、もう「すさまじすぎる」欠点がありました。 コンプレックスがありました。

なんだかわかりますか?

きっと想像もつかないと思います。

それは、

彼はその時点で、

「たったの一言も英語で会話をしたことがなかった」

ということなのです!

高校や大学では、受験勉強やTOEIC対策の勉強はしても、会話はまったく行いませんでした。

外人さんから道を聞かれても、一緒にいた友達に任せて逃げました。

もちろん海外に行ったことも ありません。

完全に英会話経験がゼロだったのです!

資格だけ見るともはや「英語マスター」です。同年代の友人たちには、羨望の気持ちを こめて、「英語の神」と呼ぶ人すらいました。

しかしその「英語の神」は、奇妙にも、「英語を一言も話さない英語の神」なのでした。

私はこれほど「ずれた」「偏った」英語学習者の話を聞いたことがありません。

英会話経験完全「ゼロ」で英会話学校に突撃!

さて、その彼にとっては、英語をまったく話したことがないというのは大きな悩みであり、 コンプレックスでした。

しかし、今までやったことのないことを始めるのはとても 勇気が要ります。

彼ももともと、外人さんは声がよく通るし、大人っぽいし、身体もでかいし、怖いと思って いて、そもそも外人さんを避けていました。

悩むこと2年、彼はついに英会話学校に突撃しました。予約も電話も何もせず、 いきなり最寄り駅の大手英会話学校を訪れたのです。

そうして、「英語の神」と呼ばれるほどに英語の試験に強い彼の、英会話経験完全ゼロからの 英会話修行が始まったのでした。

3年間の英会話学校での修行の果てに・・・!

結局彼は約3年間、その英会話学校に在籍しました。

通いまくった時期は集中的に、毎日の ように1ヶ月通いつめたりしました。

1日に最大7時間も英会話漬けになったりもしました。

しかし、通わない時期はもうまったく通わず、数ヶ月に1度も行かないときもありました。

しかし最終的に、彼はネイティブの友達を作り、ネイティブの仕事仲間を作り、 下は女子高生、上はサラリーマンまで多くの日本人生徒さんの友達も作りました。

ネイティブの友達と日本人の友達と混ざってバーに行ったりディズニーランドに行ったりすらも しました。

もう外人に抵抗があるなどという日々は過ぎ去ったのです!

ふつうに日本人と 話しているかのように、抵抗もなくスムーズにネイティブの人たちと話せるようになったの です!

そして、英会話の力が伸びたことで、英語の実力が総合的に伸び、2分間の英語スピーチと 英語での質疑応答を含む難関である英検1級も、初受験で無事に突破、TOEICも5年ぶりに 受験、ついに990点満点を獲得したのです!

 

さて、この英語を話さない英語の神は・・・?

試験英語ばかりができて、会話はさっぱりできなかった彼は、こうして 外人さんへの抵抗感や、英語をしゃべれない悩みとかを拭い去ることができました。

この彼とは、実は私のことなのです。名前は潮田耕一(うしおだこういち)と言います。 経歴はすでにお話したとおりで、試験英語はすごく順調にこなせるタイプでした。 しかし英会話にはほんと苦労させられました。 英会話学校も、結局は楽しく上達でき、交友関係も広まったものの、もちろん失敗や苦しみが なかったわけではありませんでした。

↓TOEICスコア証明書です。私の名前(USHIODA KOICHI)と、生年月日(1979/12/17)、そしてスコア990が確認できると思います。

(写真その1)

潮田耕一TOEICスコア990

(写真その2)

TOEIC990証拠写真

(写真その3:潮田耕一のふつうの様子)

潮田耕一顔写真

ここから先は、私自身の英会話学習の体験からつかんだ、特に英会話初心者の 人が気をつけなくてはならない重要な点だけを、ポイントをしぼってお話していきます。

英会話学校で伸びない人の「悪循環」とは?

英会話学校は、英語力の伸びが感じられなくなってきてしまうと、 とてもつらい悪循環にはまりこんでしまいます。

実力がのびないからつまらない、つまらないから通わない、しかし、通わないから、 ますます英語は伸びない・・・つまらない・・・もうやめたい。

こうなってしまったら、もう大変です。それまでかけたお金も時間も無駄に 終わってしまいます。

じゃあこの悪循環にはまらないためにはどうするか?

答えは簡単です。

英語の実力が確かに伸びてきた!楽しい!と思える状態を作ってさえいれば、 英会話学校はとても楽しいところなわけですから!

どうやったら確実に英会話の実力は伸びる?

英語の実力が確かに伸びているな、しゃべれるようになってきているな! と思えれば、当然英会話学校は楽しい場所になります。

自分からどんどん 通いたくなります。

心に余裕がありますから、ネイティブの先生や 日本人の生徒さんたちとの交流も楽しくなります。

そういう理想的な状態を作るためにはどうすればいいのか?

答えは簡単です。

英会話をした経験が完全にゼロの状態で英会話学校に飛び込み、着実に英会話力を伸ばし、多くのネイティブの先生や日本人生徒と友達になり、最終的にはとても高いレベルの英会話力を身に付けた、私のコツとテクニックを盗めばいいのです。

私がその英会話学校で最終的にいたったのは、こういうレベルです:

「極めて正確な言葉を用いて議論できます。 複雑な商談で交渉ができる理解力と表現力があります。 文化的理解が深く、相手のひんしゅくを買ったり、 イライラさせることはありません。 ネイティヴスピーカー並のボキャブラリーを駆使し、 フォーマルな会話やくだけた会話だけでなく、 冗談を言ったり、何かを遠回しに表現することも可能です。」

私は、ここまで来ればもう英会話学校に通うのは十分だと考え、去年やめました。

私が実際どの程度の発音で英語を話すことができるのかご確認いただけるよう、こちらに音声を用意いたしました。私が以前NGOにボランティアを志したときに書いた英語エッセイの一部を読んだもので、コミュニケーションにまったく支障のないものとネイティブにも認められている発音です。

このウェブサイトでは、こんな私のコツとテクニックとを公開しています! どうぞ持っていってください!

そうなんです、実は私は今、 英会話学校で失敗しないためのコツとテクニックを凝縮させた 強力な英会話学校マニュアルを制作したのです。

題して、『英会話学校を確実にものにする!』です!

私自身200万円近い金額と、多くの時間・労力をつぎ込むことでつかんだコツとテクニックを ぎっしり詰め込んでいます!

私自身、「自分が英会話学校にまったくの未経験で飛び込んだときに、 このマニュアルがあったならもっと楽だったのに!!」と泣いて悔しがる内容にしてあります!

このマニュアルの主なポイントは、以下の2つだと思います。 「これなら大丈夫だ!」と誰もがうなずけるポイントですから、安心してください。

やったことがあることなら、うまくこなせる

まずポイントの1つめです。単純明快な事実ですが、「人は一度やった、習ったことは、 いきなり初めてやることよりもずっとうまくこなせる、適応できる!」ということです。 すごく当たり前ですよね

だからこのマニュアルでは、一通り、英会話学校で起こることを事前にシミュレーション できるように作ってあります。当マニュアルに登場する予備知識・英語の表現ややり取りを 頭に入れておけば、「え?こんなこと聞いてないよ〜!」という 悲しい叫びを上げないですむように作っています。

では次に行きますよ。

英会話が伸びない人の欠点を観察して、自分はその欠点をまねなければよい

はい、ポイントの2つ目です。英会話学校でちゃんと英語の実力を伸ばすためには どうすればいいか?それは、「伸びない人の例を観察して、その人の真似をしなければいい」 ということなんです。これもとてもシンプルな事実ですよね?「人の振り見て我が振り直せ!」 ということわざにもあるとおりです!

あなたはまだ英会話学校に入っていないか、入っていてもまだ年月は浅い方だと 思います。だから、悪い例を見るといっても、まだあまり見たことがないかもしれません。

英会話学校に通っていた年月だけだったら、もっと長い人は当然いるでしょう。しかし、 私は同時に、プロ英語講師として予備校の教壇に立っていました。自分同様に東大とか 難関大学を目指す生徒を指導し、実際に東大合格者も出していました。

それだけに、英語学習者を批判的・分析的に観察するくせがついています。 ただ漠然と生徒の勉強の様子を見ていても、何もアドバイスをしてあげられないじゃないですか。 だから当然批判的・分析的に、学習法をチェックするわけです。

そして、それとまったく同じ目で、私は英会話学校の周囲の生徒たちの様子も 観察していました。「ああ、こういうふうにやってたら、そりゃ英語は伸びないよね」 と思う事例をたくさん見ることができました。

このマニュアルは、そういう実例の観察に基づいて書いているものなので、的を 得ているものになっているのです。

私がその英会話学校に入った時点で私と同じレベルにいた人たちのうち、 私が去った去年の段階で、私と同じレベルまで上がってこれていた生徒は他にひとりもいませんでした。

大手英会話学校なので、もちろん生徒はたくさんいましたが、その中でも私ほど英会話力が 伸びた人はいないということになります。自慢でもなんでもなく、事実です。

私が住む町は、超大手電気機器会社の本社もあるようなビジネス街で、それに加えて 日本1・2を争う有名私立難関大学の校舎もあるので、生徒には 英語を仕事で用いる社会人や、大学生が多くいました。でもやはり英会話力だけに 限れば、私がいちばん伸びた結果になりました。

その経験をフルに生かし、すでに英会話学校に何ヶ月も、または何年も通っているのに、ぜんぜん成果が上がらない、 というよくある悩みも、当マニュアルに書いてあることを読んで実行していけば、 ちゃんと解決できるように作っています!

実際、いました。

私が初めて入ったとき私よりも上のクラスにいて、かつ、私と同じくらいの頻度で通っているにもかかわらず、私に同じレベルに追いつかれ、そしてしまいには抜かれ、さらに悪いことには、結局私のレベルには上がれずに、今もまだ通っているという生徒さんです。

そういう生徒さんは、何がまちがっているのでしょうか?

その原因は、私には明らかにわかっていました。しかし、相手は 年上ですし、えらそうに意見することもできませんし、ふつうに社交づきあいをするのみで、黙っていました。

年上だろうが、年下だろうが、ちゃんとできるようになる確かな方法で学習している人は、英会話がのびるし、 そうでない人は、いつまでたっても同じレベルでとどまってしまいます。それが現実です。

なのでここで思い切って、英語も初心者、英会話ももちろん初心者という方が、 英会話学校に期待しがちだけれども、実はそれが間違いの始まりになりかねないような、 たいへん重要な点について、少しだけ触れておこうと思います。

初級者が英会話学校に通う時の
最大の「わな」はこれです!

英文法の基礎知識に関しては、先生に教えてもらうんじゃなくて、自分が学んで 身に付けていくんだ、という気持ちをとても強く持たなくてはダメです。

英語がまったく話せない、ブラジル人のサッカー選手(ブラジル代表クラスのとても 有名な選手でした)がある日私の通っていた英会話学校の校舎にレッスンを受けに来ました。

それに応対したネイティブの先生は、レッスン時間の間、あいさつの仕方などの基本を真剣に 教えようとしましたが、一言も英語が分かっていない人に、英語だけを用いるネイティブの 人が教えて、意味があると思いますか?思いませんよね。

つまり、すでに英語が分かっている人でない限り、英語で物を教えてもらっても、 身につくことはない!ということなんです。

この原則はとても大事です。

つまり、新しい文法知識とか、英語の概念とかは、「英語初級者でもだれでもちゃんと わかっている言語」を通して教えてもらわないと、さっぱりわからなかったり、理解がずれて しまうのです!

あなたも誰でもわかっている言語と言ったら、当然日本語ですよね!

そうです、英語の基礎がまだ身についていない人は、英語しか話さない ネイティブの先生から習おうといっても無理な話なのです。

英会話学習の「真実」をつかんでください!

これをお読みくださっているあなたも、私 (27歳です)より年上かもしれないし、年下かもしれません。

年上の方にこんなえらそうなことを書くのも気が引けるのですが、真実は真実ですので、書かせていただきました。 どうか気分を害さないでください。

私はただ、一人の英語好き人間として、そしてプロ英語講師の一人として、 あなたに不毛な形で英会話の学習を進めてほしくないと強く願っているだけです。

英会話学校に通うのも、かなりのお金がかかりますよね?

一括で払うにしろ分割で払うにしろ、 授業料とかの総額は簡単に10万円の大台を突破してしまうものです。

ふつうの金銭感覚から言って「高い」です。私も入会時の教材費とか諸費用と、100レッスン分の事前の支払いなどで、 最初に払ったお金は30万弱でした。

お金の問題以外にも、ふつう週に何回か定期的に通うわけですから、かなりの時間と労力が要ります!

それだけに、そのお金・時間・労力はけっして無駄になってはいけないと思います。

当マニュアルは、いわばそうならないために打っておく一種の予防注射のようなものだとお考えください。

誰だって、自分が病気になることを望む人などいません。病気になると信じている人も いません。でも、怖い病気にかからないように、多くの人は病院で予防注射を受けます。

当マニュアルもまったく同じことです。英会話学校は、本来とても楽しいところです。 期待して通ってください。

その上で当マニュアルを読み、英会話学習のさまざまな「真実」をしっかりと押さえることで、 高いお金と多くの時間をかけたのに、 英会話学校で成果が出ないという恐ろしい事態にならないようにする、 強力な予防策となります。

そのマニュアルの概要ですが、

まずタイトルは「英会話学校を確実にものにする!」です!

現在、好評発売中です!(全55ページ)

価格は、おさえにおさえた特別価格3000円です!

英会話学校はただでさえお金がかなりかかります。私自身それをすごくよく わかっているだけに、あなたには本物の情報を、負担にならない価格設定でと考えて、 お求め安い価格へと限界まで下げて設定しました。

*サンプル(10ページ分)はこちらからごらんいただけます。

ご購入は、基本的にクレジットカードこちらからお願いいたしております。(決済代行業者インフォストア経由の決済で、SSL暗号技術を用いた安全なお買い物ができます。決済後すぐに入手いただけます)

その他のお支払い方法をご希望の方は、お手数ですがこちらまでご連絡くださいませ。個別に対応させていただきます。

*特別商取引法に基づく表記はこちら

Copyright (C) Koichi Ushioda, All Rights Reserved.
これより下はホームページサービス提供会社の広告です。当ウェブサイトの内容と関連はございません。